レーザー 変位 計。 レーザー変位センサ|SENTEC

変位センサ

計 レーザー 変位 計 レーザー 変位 計 レーザー 変位

Michelson は、鏡と半透明鏡 ビームスプリッタ を使用して同じ光源から発射された光を分離してからマージする方法を考案しました。 厚み測定も可能 透明体を測定する場合、正反射型では表面の変位量だけでなく、厚みも測定することが可能です。

19

小野測器

計 レーザー 変位 計 レーザー 変位 計 レーザー 変位

レーザ変位計・測定器を選ぶ 用途から選ぶ• 従って、これらの環境条件の変化に合わせて、ビームの波長を変化させる 補正する 必要があります。 ・過去に測定したデータと重ねて表示できますので比較し分析できます。

17

変位センサ

計 レーザー 変位 計 レーザー 変位 計 レーザー 変位

クラス2 400nm~700nmの波長範囲の可視光を放出するレーザ製品であって、瞬間的な被爆の時は安全であるが、意図的にビーム内を凝視すると危険なレーザ製品。 終端させないビーム光路は、操作者の眼の高さより上方あるいは、下方に位置させる。

レーザー変位センサ|SENTEC

計 レーザー 変位 計 レーザー 変位 計 レーザー 変位

この要因としては、パス長自体の物理的変化やビームが移動する空間の屈折率の変化などが考えられます。 アナログ電圧出力、デジタル出力の2つを同時出力 デジタル出力は付属のUSBコネクタでPCと直接接続できます。

14

干渉計システムのメカニズム

計 レーザー 変位 計 レーザー 変位 計 レーザー 変位

この2つの反射光のピーク間を測定することにより、厚みが測定可能となります。

6

レーザー変位センサ|SENTEC

計 レーザー 変位 計 レーザー 変位 計 レーザー 変位

乱反射・外乱光 サニタリ用などでタンク内部が鏡面仕上げの場合、レーザ光がタンクに当たり、その反射光が乱反射して測定不能になることがあります。 。

11

レーザ変位センサ|変位センサ|C

計 レーザー 変位 計 レーザー 変位 計 レーザー 変位

EN60825-1 レーザ機器使用者への留意事項 措置内容 レーザクラスの分類 クラス1 クラス2 クラス3R クラス3B クラス4 レーザ安全責任者 不要 レーザビームを直接覗き込む必要性がある場合は推奨 可視光タイプは不要不可視光には必要 必要 リモートインターロック 不要 部屋もしくはドアの回路と接続 キー制御 不要 使用していない時は、キーを抜く ビーム遮断機、減衰器 不要 使用中の不注意な露光を防ぐ 放射表示装置 不要 可視光タイプは不要不可視光には必要 レーザ運転中に表示 警告サイン 不要 適切な警告標識を掲示 光路の位置 不要 使用光路の端を適切な拡散反射体又は吸収体で終端させる。 高速CMOSサンプリング: 40kHz テクノロジー モデル LTS- 025-02 LTS- 025-04 LTS- 050-10 LTS- 050-20 LTS- 120-20 LTS- 120-40 LTS- 200-100 LTS- 300-200 測定中心距離 25mm 25mm 50mm 50mm 120mm 120mm 200mm 300mm 測定レンジ(スペック保証範囲) 2mm 4mm 10mm 20mm 20mm 40mm 100mm 200mm 拡張測定レンジ 2. 右図のようにレーザ光を斜めに照射すると、ガラスの表面からと裏面からの2つの反射光が受光素子上に発生します。 1次元レーザ変位計. 三角測距方式• 表面補正機能 "ASC"が搭載されており、測定が困難な反射率が変化する表面でも安定した測定が可能です。

干渉計システムのメカニズム

計 レーザー 変位 計 レーザー 変位 計 レーザー 変位

振動対策に注意が必要です。 測定物にレーザ光を垂直に照射し、物体から乱反射して返ってくる光の一部をレンズで集光し、位置センサ 例:CMOS 上に結像させます。 2 から求まります。

19