行政 不服 審査 法。 行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

総務省|行政不服審査法|行政不服審査法の概要

審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服

第二十四条の二十四中「行政不服審査法(昭和三十七年法律第百六十号)による」を削り、同条に後段として次のように加える。

19

より公正に、より使いやすくなりました。 「行政不服審査制度」をご利用ください

審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服

法令の規定により公示された処分が裁決で取り消され、又は変更された場合には、処分庁は、当該処分が取り消され、又は変更された旨を公示しなければならない。

12

行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服

審査請求人の氏名(又は名称)及び住所(又は居所)• ただし、上級行政庁がない場合には処分庁)に対して申し立てます。 第九十条の二の見出しを「(審査請求期間)」に改め、同条中「不服申立て」を「審査請求」に、「六十日」を「三月」に改める。 法人や社団、財団に関して、合併又は分割(審査請求の目的である処分に係る権利を承継させるものに限る。

6

総務省|行政手続|行政不服審査法

審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服

行政庁に不服がある場合か、行政庁に不作為がある場合かは問わない(第2条、第3条)。 )にあっては、当該電磁的記録に記録された事項を記載した書面)を当該意見書又は資料を提出した審査請求人等以外の審査請求人等に送付するものとする。 再審査請求が理由がない場合には、再審査庁は、裁決で、当該再審査請求を棄却する(第2項)。

4

行政書士試験|法の趣旨~行政不服審査法

審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服

)を置く。

7

行政不服審査法|条文|法令リード

審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服

行政庁は、利害関係人から、当該処分が不服申立てをすることができる処分であるかどうか並びに当該処分が不服申立てをすることができるものである場合における不服申立てをすべき行政庁及び不服申立てをすることができる期間につき教示を求められたときは、当該事項を教示しなければならない(第2項)。 この場合において、同条第三項中「第四十六条第二項」とあるのは、「第四十六条第一項」と読み替えるものとする。 2 前項に規定する審査請求については、行政不服審査法第九条、第十七条及び第四十三条の規定は、適用しない。

5

行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服

(放送法の一部改正) 第三十九条 放送法(昭和二十五年法律第百三十二号)の一部を次のように改正する。 審査請求の目的である処分に係る権利を譲り受けた者は、審査庁の許可を得て、審査請求人の地位を承継することができる(第6項)。 行政不服審査法 裁決 却下裁決 却下採決とは、不服申立てが不適法である場合に、本案審理を拒否する裁決のことです。

11

総務省|行政不服審査法|行政不服審査法の概要

審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服

)にあっては審理員意見書が提出されたとき、同項第二号又は第三号に該当する場合にあっては同項第二号又は第三号に規定する議を経たとき)」とあるのは「審理手続を終結したとき」と読み替えるものとする。

19

総務省|行政手続|行政不服審査法

審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服 審査 行政 法 不服

(審理員意見書)• 当事者間の法律関係を確認し、又は形成する処分で、法令の規定により当該処分に関する訴えにおいてその法律関係の当事者の一方を被告とすべきものと定められているもの• (日本における)ととの関係は、例えば、吉藤幸朔『概説〔第10版〕』(,1994)563頁以下やにまとめられているが、2014年改正前のものなので、改正後のものを整理してみた。 (審査請求の取下げ)• このとき執行を停止するだけでなく、「その他の措置」を執ることも可能。

13