東京 電力 ベンチャーズ。 カニバリも気にしない。東京電力が新規事業にベンチャー経営者を招いた理由

東京電力ベンチャーズ、世界最多クラスの風力ドローン点検実績をもつSkySpecs社と独占アライアンス締結|東京電力ベンチャーズ株式会社のプレスリリース

ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力

HIP:東京電力グループのなかでは、妹尾さんの起用にどのような反応がありましたか? 赤塚:外部から経営者を招聘する「ベンチャー型経営」の前例はなく、賛否はありました。 おそらくエネルギー業界の人たちが、既存の金融機関の急速なデジタルフォーメーションを横で見ていたからでしょう。

9

東京電力ベンチャーズ、世界最多クラスの風力ドローン点検実績をもつSkySpecs社と独占アライアンス締結 (2020年12月1日)

ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力

日本国内でのアライアンス締結は今回が初めて。

16

カニバリも気にしない。東京電力が新規事業にベンチャー経営者を招いた理由

ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力

ドローン点検ソリューションの実用性と成長可能性は、点検の実績数と経験値に依存すると考えられます。

12

カニバリも気にしない。東京電力が新規事業にベンチャー経営者を招いた理由

ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力

また、点検データ保存、損傷分析、補修作業管理といった点検後の一連業務のプラットフォームとしても活用することができ、経年追跡や風車ブレードごとのデータ比較が可能となるのが特長です。 お知らせ 2020年12月1日 東京電力ホールディングス株式会社 東京電力ベンチャーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:赤塚 新司、以下 東京電力ベンチャーズ)と、SkySpecs,Inc. エナジーパートナーの社長自身も「カニバリゼーションは気にするな。 【東京電力ベンチャーズ株式会社】 2018年5月設立。

東京電力ベンチャーズ、「世界最多クラスの風力ドローン点検実績をもつSkySpecs社と独占アライアンス締結」|お知らせ|東京電力ホールディングス株式会社

ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力

妹尾:もちろん、抵抗がないわけではなかったと思います。 東京電力ホールディングス株式会社の100%子会社。 設立前は、社内組織「新成長タスクフォース」事務局長を務めていたという HIP:独立子会社した狙いは何だったのでしょうか? 赤塚:1つはスピード感です。

4

東京電力ベンチャーズ、世界最多クラスの風力ドローン点検実績をもつSkySpecs社と独占アライアンス締結 (2020年12月1日)

ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力 ベンチャーズ 東京 電力

今回のアライアンス締結は、安定的に自律飛行するドローン制御、保守点検の効率化、点検品質の向上、高精度画像解析データの一元管理など、運用保守面の課題解決とともに、国内風力発電市場の活性化を目指しています。 (スカイスペックス、本社:米国ミシガン州、CEO: Danny Ellis ダニー・エリス、以下 SkySpecs社)は、このたび風力発電設備のドローン点検におけるアライアンスを締結しました。

9