荒瀬 ダム 撤去 洪水。 荒瀬ダム

球磨川の荒瀬ダム撤去完了 国内初、清流生かし自然再生へ

洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去

そうした中、上流に川辺川ダムを建設する動きが本格化。

13

熊本、球磨川の氾濫。地元住民「もし(川辺川)ダムがあったら…」 熊本県知事と民主党政権と反対運動が建設中止にした川辺川ダム

洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去

「戦後の本県経済の復興と発展に寄与してきた荒瀬ダムと、支えていただいた地元への感謝の意を表すため」としている。 同ダムを巡っては、以前から放水による振動被害やダム建設でかえって洪水被害が拡大したのではないかとの不信感が続いていた。 「ダムが撤去されれば、自然な川を生かしたビジネスチャンスが生まれると確信していた。

8

「荒瀬」撤去の町 土砂や悪臭、ダムの弊害体験<民意 治水論議の行方>

洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去

球磨川沿いで営むスーパーと自宅は、完全に水没した。 建設した1954年頃は、それでよかったのでしょうが、時がたつにつれて、適切な配慮が必要だったはずです。 【笠井光俊】 ことば「荒瀬ダム」 戦後の電力不足に対応するため、熊本県が球磨川の河口から約20キロの中流域に建設したコンクリート製ダム。

17

「荒瀬」撤去の町 土砂や悪臭、ダムの弊害体験<民意 治水論議の行方>

洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去

今は約3600人まで減り、高齢化率は5割を超える。 周囲の関連施設全てを含めてで被災し、復旧の目途は立っていない。 から、教授や村の有識者などによる検討が行われて、漕艇場を核として荒瀬ダム周辺の整備を行った。

荒瀬ダム[熊本県]

洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去

その後は川の水がきれいになりはじめ、長年ダムに溜まっていた土砂が海に流れたことで、干潟でもの再生が始まった。

1

【熊本県企業局】荒瀬ダム撤去HP

洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去

供給電力が少なく、老朽化によって維持費がかかり、電力自由化の中で費用を回収できるか不透明だと。 荒瀬ダムの撤去について工事記録誌を掲載しています。

19

荒瀬ダム

洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去 洪水 荒瀬 ダム 撤去

荒瀬ダムの撤去を決めたのは熊本県知事が潮谷義子さんだった時です。 計画堆積量の200パーセント堆積しているのなら半分量を撤去するのなら妥当である。 ダム存廃について再考したこの期間に、荒瀬ダムの電気事業は、地元の方々の痛みの上に成り立っていたことを、私も、また多くの県民も知るところとなりました。