地方 公営 企業 法。 地方公営企業法|条文|法令リード

地方公営企業法|条文|法令リード

法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業

この場合における当該有形固定資産の各事業年度の減価償却額は、帳簿原価の百分の五に相当する金額から一円を控除した金額を、帳簿原価の百分の五に相当する金額に達した事業年度の翌事業年度から使用不能となると認められる事業年度までの年数で除して得た金額とする。 附 則 (平成二〇年一二月二六日法律第九四号) 抄 (施行期日) 第一条 この法律は、平成二十一年四月一日から施行する。 4 電気事業 款 電気事業収益 5 ガス事業 款 ガス事業収益 6 病院事業 款 病院事業収益 費用 1 水道事業又は工業用水道事業 款 水道事業費用又は工業用水道事業費用 (注) 浄水費、配水費、給水費、受託工事費、業務費及び総係費の節は、上記のほか、原水費の節によること。

16

地方公営企業法|条文|法令リード

法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業

2 普通地方公共団体の長は、前項の基準を定めようとするときは、あらかじめ、二人以上の学識経験を有する者(以下この条及び次条において「学識経験者」という。 二 地方公共団体の議会の議決を経るべき事件につきその議案を提出すること。 )」の下に「、第19条の2第2項及び第4項」を加える部分に限る。

20

地方公営企業法施行規則(全文)

法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業

R02. )及び工業用水道事業を併せて経営する場合又は軌道事業、自動車運送事業及び鉄道事業のうち二以上の事業を併せて経営する場合においては、それぞれ当該併せて経営する事業を通じて管理者一人を置くことを常例とするものとする。 附 則 (平成二三年一二月一四日法律第一二二号) 抄 (施行期日) 第一条 この法律は、公布の日から起算して二月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。 第五章 消費税及び地方消費税の整理等 (消費税及び地方消費税の整理) 第十九条 消費税法(昭和六十三年法律第百八号)第二条第一項に規定する課税資産の譲渡等、課税貨物又は課税仕入れに係る消費税及び地方消費税に相当する額については、仮払消費税及び地方消費税勘定又は仮受消費税及び地方消費税勘定をもつて整理するものとする。

9

地方公営企業法(全文)

法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業

保養センター美榛苑• ただし、現金取扱員は、置かないことができる。 )の規定中予算及び決算に関する部分は、昭和四十二年度の予算及び決算から適用し、昭和四十一年度分以前の予算及び決算については、なお従前の例による。

9

地方公営企業法施行規則(全文)

法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業

)は、繰延収益に属するものとする。 国民宿舎• )、第1条の2の改正規定、第2条第3項第8号の改正規定、第263条の2の次に一条を加える改正規定、第3編第4章の次に一章を加える改正規定、附則第20条の2の次に一条を加える改正規定及び別表の改正規定並びに附則第15条から附則第18条まで、附則第24条 (地方開発事業団に関する部分に限る。

地方公営企業

法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業

) 二 売買目的有価証券(時価の変動により利益を得ることを目的として保有する有価証券をいう。 (適用区分) 2 改正後の地方公営企業法施行規則(以下「新規則」という。

16

地方自治法と地方公営企業法の関係について

法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業

十四 当該企業に係る行政庁の許可、認可、免許その他の処分で政令で定めるものを受けること。 ) ロ 出資金 ハ 長期貸付金 ニ 基金 ホ 長期前払消費税 ヘ 破産債権、再生債権、更生債権その他これらに準ずる債権(以下この条において「破産更生債権等」という。 5 管理者は、再任されることができる。

9

地方公営企業法(全文)

法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業

目次 第一章 第二章 第三章 第四章 第五章 第六章 第七章 第八章 第一節 第二節 第九章 第十章 第十一章 附則 第一章 総則 (定義) 第一条 この省令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。 以上のようなメリットを享受することが可能となるため、法適用が推進されています。 なお、地方公営企業を共同処理するは 広域連合企業団という。

2

地方公営企業法|条文|法令リード

法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業 法 地方 公営 企業

9 第一項の決算について作成すべき書類は、当該年度の予算の区分に従つて作成した決算報告書並びに損益計算書、剰余金計算書又は欠損金計算書、剰余金処分計算書又は欠損金処理計算書及び貸借対照表とし、その様式は、総務省令で定める。

17