永谷 集落。 全住民退去もダム計画が消滅…水没しなかった「悲哀の廃村」無人化から“35年目の世界”(文春オンライン)

福井県は大飯町にある廃村・永谷集落に限定の「MADBALL」ロングスリーブを装着し探索してきた!

集落 永谷 集落 永谷 集落 永谷

集落内に掲げられた発電所反対の看板からも、電力会社・住民双方の間に大きな溝が生じたことが窺える。 この家の児童数人がの小学校に通っていたため、学区全域で移転事業が行われた後も学校が継続していたようです 写真1 家屋 写真2 写真1にて 写真3 建物 写真4 家屋 写真5 道沿いの倉庫にて 写真6 「道路記念碑」 写真7 廃屋 写真8 廃屋 写真9 寺院 写真10 神社 写真11 遊具 写真12 屋敷跡の一部 写真13 同 写真14 川と小屋 写真15 上流の社殿. 自然に朽ち果て、あるいは人為的に取り壊される廃墟を、ただ眺める。 また、学校や旅館のように、かつて不特定多数の人を受け入れていた建物とは異なり、個人宅は外から観察するのは気が引ける部分がある。

永谷(名田庄村)

集落 永谷 集落 永谷 集落 永谷

住人はここで洗濯や、野菜を洗ったりしていたのだろうか? ひんやりとした風が上流から流れてくる、網にスイカでも入れて冷やしておきたいね! 奥に見える柱は橋だったのだろう、そこを渡らないといけない場所もあったが、確実に落ちるので断念! 唐突だけど、本日の着用アイテムを紹介する! ・ニューヨークハット:フリーサイズ ・:ネイビーバンダナ ・:ショルダーバッグ ・Stay Positive :ドッグタグ、ネックレス ・ :Set It Off ロングズリーブ 廃盤 ・ブラックパンツ:33インチ ・Electric Zombie:ソックス ・AirMax 95 :28. 廃寺の近くには無縁仏の墓石が散乱しており、これら無縁仏の霊が心霊現象を引き起こしているのだろうか。

3

全住民退去もダム計画が消滅…水没しなかった「悲哀の廃村」無人化から“35年目の世界”

集落 永谷 集落 永谷 集落 永谷

なお、以前にTBSの「世界の怖い夜!今夜はサンタも絶叫SP」でも、北陸のとある廃寺として放送された。

7

「福井県永谷集落へ」(/・ω・)/雅のブログ | オレ チョコ モラッテナイ オマエラ モラッテナイ

集落 永谷 集落 永谷 集落 永谷

だが、木造家屋にとって、10年という歳月は残酷だった。

1

【滋賀県・福井県】廃道、廃村をめぐるツーリング

集落 永谷 集落 永谷 集落 永谷

集落より500mほど上流、尾根上の小高い場所には何かが祀られている社殿が見られたが、詳細は不明。 ツーリングスポットとして名高い、滋賀県の「メタセコイア並木」 ここから数キロ北上、滋賀県道533号線に入ります。 京都府、滋賀県との県境に近く、県道35号から南に伸びる頼りない一本道しか交通手段はない。

全住民退去もダム計画が消滅…水没しなかった「悲哀の廃村」無人化から“35年目の世界”

集落 永谷 集落 永谷 集落 永谷

木でできた棚の取っ手は不気味に微笑んでいるようにも・・・・ 当時の家具たちはしっかりと原型をとどめ、少し修復すれば使えるくらい、同時の物の完成度はやはりすばらしい、ペラペラの1か月もあれば完成する最近の家にはない重厚感、値は張ってもしっかりとした日本家屋に住みたいね! 家の中はコウモリが縦横無尽に飛び回る、まるで市乳hしてきた僕を追い払うようだった、すぐに家をでた。 筆跡やペンキの色から察すると、作者は同じだろう。 全体像はYDXのドローンにて撮影された一枚である。

15

全住民退去もダム計画が消滅…水没しなかった「悲哀の廃村」無人化から“35年目の世界”(文春オンライン)

集落 永谷 集落 永谷 集落 永谷

大字永谷は近世の遠敷郡永谷村。

4

【滋賀県・福井県】廃道、廃村をめぐるツーリング

集落 永谷 集落 永谷 集落 永谷

揚水発電は、電力需要の少ない夜間に電力を使って水を高所に汲み揚げ、その水を昼間の電力需要ピーク時に放流して発電する。 しかし、反対運動の広域的な盛り上がりや、町長の改選といった政治的な動きによって、やがてダム計画は再び白紙に戻された。

8