エペリゾン 50。 『テルネリン』と『ミオナール』、同じ筋弛緩薬の違いは?~効果と副作用・相互作用

エペリゾン塩酸塩錠50mg「日医工」の添付文書

50 エペリゾン 50 エペリゾン 50 エペリゾン

脳や脊髄の損傷により起こる筋肉のつっぱり、こわばりや 麻痺をやわらげるお薬です。

1

医療用医薬品 : エペリゾン塩酸塩 (エペリゾン塩酸塩錠50mg「NP」)

50 エペリゾン 50 エペリゾン 50 エペリゾン

• 注意・禁忌…… 『注意を要する人』は、肝機能障害、薬物過敏症の既往がある人、妊婦など。 GEミオナールはエペリゾン塩酸塩を主成分とするミオナールのジェネリックです。 これを痙攣といいます。

8

エペリゾン:ミオナール

50 エペリゾン 50 エペリゾン 50 エペリゾン

8).全身症状:脱力感、ふらつき、全身倦怠感、筋緊張低下、眩暈。 『テルネリン』や『ミオナール』を処方された際、インターネット等で調べて「筋弛緩薬」と書いてあるから怖い、という勘違いをしないようにしてください。 その分だけ、副作用も少ないです。

14

エペリゾン塩酸塩錠50mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

50 エペリゾン 50 エペリゾン 50 エペリゾン

効能・ 効果 下記疾患による筋緊張状態の改善 頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、腰痛症 下記疾患による痙性麻痺 脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、筋萎縮性側索硬化症、脳性小児麻痺、脊髄小脳変性症、脊髄血管障害、スモン(SMON)、その他の脳脊髄疾患 用法・ 用量 通常成人には1日量として3錠を3回に分けて食後に経口投与する。

17

エペリゾン塩酸塩錠50mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

50 エペリゾン 50 エペリゾン 50 エペリゾン

中枢神経系(脳)の筋肉運動の中枢神経系に作用することで、運動神経の異常な興奮を抑制して『骨格筋の緊張・こわばり』を和らげてくれる効果があります。 眠気、ふらつき、脱力感、だるい。 症状として発赤やかゆみ、じんましん、顔面などの浮腫(むくみ)、呼吸困難、冷や汗、血圧低下などの症状が表れたら注意です。

『テルネリン』と『ミオナール』、同じ筋弛緩薬の違いは?~効果と副作用・相互作用

50 エペリゾン 50 エペリゾン 50 エペリゾン

3).血液:貧血[このような症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う]。

18

サンバゾン錠50mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

50 エペリゾン 50 エペリゾン 50 エペリゾン

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 下記のような方は本剤の使用には注意が必要です。 エペリゾン塩酸塩錠50mg「テバ」についてわからないことがあれば薬剤師に無料で相談することもできます。 5).精神神経系:眠気、不眠、頭痛、四肢のしびれ、体のこわばり、四肢の震え。

エペリゾン塩酸塩錠50mg「日医工」の添付文書

50 エペリゾン 50 エペリゾン 50 エペリゾン

エペリゾン塩酸塩顆粒は錠のように大きくないので、喉につまらせる恐れがかなり少ないです。 (50歳代診療所勤務医、一般内科)• 他にも筋弛緩剤としてリオレサール・ギャバロン(一般名:バクロフェン)があり、これも同効薬の中では比較的作用が強いとされています。

エペリゾン塩酸塩錠50mg「日医工」の添付文書

50 エペリゾン 50 エペリゾン 50 エペリゾン

そのため、筋肉の強張りや凝りの治療に使う場合は、より高い効果を期待して使われることが多い薬です。 1 テルネリン錠 インタビューフォーム 2 Minerva Med. と言っても効果は弱く筋力低下や呼吸ができなくなることはありません。 次の疾患による痙性麻痺//脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、筋萎縮性側索硬化症、脳性小児麻痺、脊髄小脳変性症、脊髄血管障害、スモン(SMON)、その他の脳脊髄疾患。

2