ワーゲン t cross。 フォルクスワーゲン 新型 T

コンパクトSUVのVW T

Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t

しかし、存在感は負けていない。

2

VWワーゲンT

Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t

シート表皮デザインはフロントシートに準じている。

1

【ワンダー速報】VW 新型T

Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t

そしてドアトリムの安っぽさを補うのがシートにあしらわれたカラフルなデザインです。 肘置き以外はハードプラで素っ気ない。

フォルクスワーゲン T

Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t

もっとも後に試す機会が得られた16インチモデルでも、期待するほど劇的な改善は感じられなかった。 1st Plusは1stにデザインパッケージを標準装備した仕様となっており、3色用意された18インチのカラードアルミホイールが装着されるほか、内外装の組み合わせが21バリエーションから選べる。

フォルクスワーゲン 新型 T

Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t

「TSI 1stプラス」に標準装備される「デザインパッケージ」でオレンジを選択した試乗車は、スポーク部分がオレンジにペイントされたホイールを装着。

19

フォルクスワーゲン 新型 T

Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t

ということで今回はそんな気になるフォルクスワーゲンT-Crossの、カラーラインナップの特徴を徹底比較していきます。 リアコンビネーションランプはブラックアウトされている部分が多く、それもまた新鮮。

フォルクスワーゲン 新型 T

Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t

座面の地上高(652mm)は、前席(597mm)よりも55mm高く設定されている。

20

センス良すぎ!フォルクスワーゲンT

Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t

今回の試乗車は「TSI 1st Plus」という一応導入記念特別仕様車ということにはなっているが、広報の説明では限定と言っても数を指定しているわけでもないし、比較的長くこの仕様を販売するということなので、今のところはこのTSI 1st PlusとよりベーシックなTSI 1stという仕様しかない。 ただしシャークフィンアンテナは不採用。 全国で、先行展示会が開催されるようですね! 【関連記事】 主なスペック フォルクスワーゲン 新型Tクロス(T-Cross) 2018 情報更新日(2018年11月5日): サイズ 全長:4,110mm 全幅:1,760mm 全高:1,558mm ホイールベース:2,560mm 最大スペース容量:1,281リットル 全幅も約1. かくして、それをわずかに30mmオーバーするTクロスの全高は、日本国内での事情を考えると「なんとも惜しかった」と言わざるを得ない。

12

フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 小さな大物ルーキー

Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t Cross ワーゲン t

ボタンの数はそれほど変わらないのですが…。